年末大掃除の意義とお正月へのいわれ

年末の大掃除が、この時期以外の大掃除とは『なにか違う・・』とは子供の頃から、言われずとも感じていたことですが皆様いかがでしょうか。

新年を迎えるにあたり、身の回りをキレイにすると共に、心の中もキレイにしないといけないようだ・・。年末の周囲や家族の反応・動向から、このように感じてきたように思います。

年末大掃除は神事に由来 お正月のいわれ

何のために年末の大掃除をするのかと言えば、それは全て、年神様をお迎えすることが目的であるといいます(日本の神事より)。そして神事によれば、12月13日の煤払いから、年神様をお迎えする「事はじめ」が始まるといいます。

ところでこの年神様、いったいどういう神様なのでしょう。

年神(としがみ)様は、もともと日本の神道の神様です。人々の家にその一年の幸福と実りをもたらすために、高い山から降りてくると言われています。もたらしてくれる実りと幸福とは、【年(とし)】の語源が稲などの穀物を意味することから、生きていくのに困らない幸せ・・ということになるようです。

そして、お正月に登場するアイテムの数々が、実は、この年神様に関係しているといいます。まずは、初日の出。これは年神様の降臨を意味しているとのことで、単に綺麗というものではなく荘厳なものであるとのこと。

そして、その他お正月のアイテムには以下のような意味があるそうです。

  • 門松・しめ飾り:年神様が降りてくる目標であって、歓迎のしるし。
  • 鏡餅:年神様のご神体をあらわす。
  • お雑煮:年神様にお供えした餅を煮込んで作る料理。
  • おせち料理:年神様への供えもの。
  • お年玉:年神から与えられる魂のこと。

ということだそうです。お正月そのものが、神国?日本にあっては、年神様があってはじめて存在するもののようです。

このように、原点に帰り、改めて正月の行事に思いをいたすと、【初詣】参りや、子供に与える【お年玉】とはいったい・・という思いも致します。

実際の大掃除はともかく、年末の【大掃除】という言葉には、重く荘厳な意味があったのでした。

【参考記事】
お正月にやってくるという「年神様」とは
http://matome.naver.jp/odai/2135683685546616201

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です